お位牌とは?

お位牌の由来は、中国の儒教にあると言われています。後漢の頃、位版(いばん)・神主(しんしゅ)の名称で、先祖祭祀の際に生前の位官や姓名を板に記して心霊に託す風習が、宋の時代に、禅僧らが中国から伝えたとされています。
お位牌は、故人の霊を祀るため、戒名や法名を記した牌(はい)のことです。
一般的には、葬儀では、白木の仮位牌(野位牌)を用い、そのまま葬儀後も祭壇でお祀りします。
その後、忌明け成仏となります頃には、仮位牌から本位牌に変えます。

本位牌には、戒名の他、没年月日、俗名、行年を記載します。

  • 浄土真宗本願寺派、真宗大谷派では位牌は用いないことが多く、過去帳に法名を記すか、法名を掛け軸にした法名掛をお掛けするのが一般的です。
    地域により、繰出し位牌を用いる場合もあります。
  • 四十九日のご法要までに本位牌を、ご用意ください。
  • お位牌の種類

    忌明け後祀る本位牌には、
    板位牌と繰出位牌(くりだしいはい・回出位牌)の二種類が主にあります。

    札位牌

    位牌

    忌明け後祀る本位牌には、
    板位牌と繰出位牌(くりだしいはい・回出位牌)の二種類が主にあります。
    故人のために個別に作られる位牌を、板位牌
    台座に札が付いた形となっています。

    繰出位牌(回出位牌)

    繰出し位牌

    先祖代々の位牌を一つにまとめるために、札板が10枚程度収納できるようになって繰出して使うことが出来る位牌を繰出し位牌(回出位牌)
    箱型の形となっています。扉のついているものもあったり、扉の無いものもあります。

    過去帳・掛け軸

    過去帳

    お亡くなりになった方の、戒名、俗名、没年月日、行年などを記したものに過去帳があります。通常見台などに置いてお祀りすることが多いです。御位牌を用いない場合や、お位牌と合わせてご利用になる場合があります。

    浄土真宗では、お位牌の代わりに、法名軸と言った、掛け軸を用います。