浄土真宗の法名

法名
法名の中に、「尼」が、ひとまわり小さく右寄せだったり、中央に付いている場合があります。
「尼」は、女性の場合に付けられますが、
これは、単に性差(男女)を区別するために加えられています。
ただ、
浄土真宗本願寺(お西)では、1986年ころより「尼」と付けることを廃止、
真宗大谷派(お東)は、現在も使用しているとのこと。

法名軸や過去帳に記載する場合は、同じように小さく書きいれるようにします。